サラ金と街金の違いって何?徹底比較

消費者金融と言えばプロミスやアコム、レイク、アイフルなどテレビのCMでもお馴染みとなっていますので、知名度も高く知っている人も多いのではないでしょうか。またクレジット会社のキャッシングや消費者金融のカードローンを利用したことがあるという人は、成人において10人に1人という統計でもあるようです。そのため財布のなかには当たり前のようにカードを所持している人も多く存在しています。

 

しかし初めての借入れを検討している方では、サラ金や街金などの違いやヤミ金と混同している人も少なくないようです。そのため大手金融業者においても、利用するのが不安、怖いと感じている人もいるようです。そこでここではサラ金と街金の違いについて検証してみましたので、これからの融資を検討している方は参考としてご覧くださいね!

 

サラ金とは?

 

簡単に言ってしまえばサラ金=消費者金融となります。1970年代ではサラリーマンを対象とした金融業者が多く存在していたためサラ金とした略語としていました。しかし昨今では主婦やOL、学生、自営業などの利用が増えてきたためソフトなイメージでもある消費者金融と呼ばれています。

 

法律に則りお金を貸してくれる正当な金融業者となっています。大手では銀行と提携しているところもあり、安心して利用することができるところでもあります。先ほども記しましたがプロミス、アコム、レイク、アイフルのカードローンは人気としており、特に少額の借入で即日融資を望むならおすすめでもあります。

 

街金とは?

 

同じく消費者金融でもありますが、小規模の貸金業者のことを言い街中に存在していたことから略語として街金とも呼ばれていました。以前ではお金を借りる際には事務所に出向いて借りるのが一般的でもありましたが、昨今では無人契約機なども存在するようになり街金としての事務所もへりつつあるようです。

 

街金のなかのヤミ金には要注意!

 

法律に則った街金ももちろん存在しますが、その中にはヤミ金が潜んでいることを覚えておきたいものです。最近のヤミ金では最初はそれほど高い利息としていなくとも、後々法外な利息となるよう姑息な手を使いだまし取るケースも増えているようです。

 

大手消費者金融などの催促とは違く、ヤミ金では違法な取り立てを行うところもありますので決して融資を受けることは禁物でもあります。自分自身だけではなく家族や周りの方にも迷惑をかけることも予想されますので気をつけましょう。

 

サラ金と街金の違いは消費者金融であることは同じではありますが、大手、小規模の違いがあり街金には闇金融業者が潜んでいることも忘れてはいけないようです。