任意整理後のカードローン審査

現在では借金を抱えている人は多く存在しています。そこで任意整理後のカードローンについて関心を高めている人もいるのではないでしょうか。今後債務整理を検討している方では、これまでと同様にキャッシング利用ができるのか心配という方もいることでしょう。ここでは任意整理後のカードローン利用についてまとめてみましたのでご覧くださいね!

 

任意整理とは?

 

借金の返済が困難となり法的手段の一つとして任意整理があります。現在、債務整理のなかでも最も多く行われており利息制限法により引き直し計算で債務を減額し、約3年をめどに計画的に返済していく方法となります。特に多重債務者に有効的でもあり、債権者を選択して債務整理を行うことができ裁判所を通さずに交渉により進めていきます。

 

任意整理後のカードローンの申込みは可能?

 

消費者金融や銀行での融資は、任意整理または債務整理を行うことでほとんどが借入が困難となります。信用情報機関に情報事故として記載されることでブラックリストとして名前があげられてしまいます。申込みの際には貸金業者側は信用情報機関に借入する人の情報をチェックしますので、記載が確認されれば消去されるまで今後の借入は難しくなります。

 

任意整理の場合では一般的には消去されるまでに5年を目安としていますが、債務整理をした業者での審査は厳しいとされ通る確率は低いとしています。そのため違う銀行、消費者金融のカードローンの申込みを検討するのが良いとしています。

 

そして任意整理をしても債務整理の対象としていないカードローンは、更新となるまでは使えますが次回の更新では却下されることは覚悟しておいたほうが良いようです。

 

巧妙な手口のヤミ金に注意!

 

これまでにキャッシングを利用し依存していた人にとって、任意整理後においては現金生活となりますので今後、不安となる人も多いのではないでしょうか。そこでついつい利用したくなってしまい、審査が甘いヤミ金に手を出してしまう人もいるようです。

 

また全国には多くの中小消費者金融業者が存在しており、その中には闇金業者も潜んでおり知らずに借入れをしてしまったということもあるようです。そして利息制限法の金利よりも少し高めの金利を設定したり、巧妙な手口で貸付を行うようになっていますのでつい融資を受けてしまうこともあるようです。

 

そうなると場合によっては借金地獄の始まりとなり、これからの生活が更に苦しくなり最終手段でもある破産を余儀なくすることも考えられます。そのためヤミ金からの融資には注意しておきたいところでもあります。