家賃払えない、キャッシングで対策する?

何らかの理由で家賃が払えなくなってしまうことも考えられます。そこで正に現在その様な事態としている場合では、不安の日々を過ごしている方もいるのではないでしょうか。特にパートやアルバイトで収入を得ている人では病気により働く日数が減り、給料が少なくなってしまうこともあります。

 

そしてリストラにより今後の安定した収入の見込みが得られないとしている方など様々な理由としている人がいるのではないでしょうか。そこでここでは家賃が払えない時の対策としてまとめてみましたので、現在悩まれている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

大家さんまたは管理会社に相談する

 

家賃が払えない理由、状況をはなして今後の支払い予定を知らせることで信頼関係を無くさず、これからもより良い関係で住み続けることが期待できるとしています。無断で滞納することで信用はなくなりますので、支払期日より前に相談しておきたいところでもあります。

 

場合によっては未払い分は分割払いとしてくれるところもあり、大家さんにとっては空室となってしまうことよりも収入を得ることが大事としていますのでこれからも支払いが可能であることの意志を見せることも大切となっています。

 

家族や友人、同僚に借りる

 

一番、簡単なのは家族にお金を借りて支払うことで利息や他人に迷惑をかけることもなく、一時的に家賃の支払いの滞納を防ぐことができるとしています。しかし親に迷惑かけたくない!心配をかけたくない!という方もいることでしょう。また家族と疎遠としている方では借りにくいとしている方では、信頼できる友人、同僚に借りることも一つの手でもあります。

 

カードローンで一時的な借入れ

 

これまでに何らかの形で収入を得ている方であれば、特に消費者金融のカードローンの審査は通りやすく小口融資は受けやすくなっています。しかもプロミス、アコム、レイク、アイフルでは初めての方対象で、30日間の無利息0円サービスを実施していますので大変お得でもあります。一時的な借入先として、家賃が払えない時の対策として検討してみてはいかがでしょうか。

 

しかし借入の条件として現在、安定した収入としていますのでリストラや会社を退職したという方ではパートやアルバイトでも良いのでしばらく勤務する必要があるようです。そのためいざというときのために定職についているときに、1枚でもカードを所持しておくといつでも引き出せますので便利でもあります。