定年後に大口融資の審査は難しい?

定年後の生活は人それぞれとしていますが、シニアライフを有意義に過ごすためにはお金も必要となってきます。また念願の夢でもあった自分のお店を持ちたいとして退職金をつぎ込む人もいますが、それだけでは足りずに定年後の大口融資を検討している方もいるのではないでしょうか。

 

小口融資に比べ大口融資は金利も安く特に銀行のカードローンは融資限度額は高めとなっていますので、注目しておきたいところでもあります。そこで借入の理由は様々としていますが60歳、65歳の定年後の大口融資は可能なのか気になるところでもあります。

 

定年退職後の大口融資の審査は通る?

 

実際、定年後のカードローンの審査では年金受給者もOKとしているところもあります。しかしそのほとんどが少額としており、定年後の大口融資はかなり厳しくなることが予想されるようです。また年齢条件においても60歳まで、65歳までとしているところもありますので条件的にも難しくなるようです。

 

しかし銀行系のカードローンでは保証人担保不要で、300万以下の大口融資なら収入証明書不要としているところもあります。定年後においても再就職として働いている場合では、借入のチャンスも期待できるとしています。また定年後の事業資金のため大口で融資を受ける場合、資金の使用目的が明確としており将来の返済が予測できれば簡単な審査で通りやすいところもあるようです。

 

リバースモーゲージで大口融資が可能?

 

中央三井信託銀行や東京スター銀行などの一部の民間金融機関や都道府県の社会福祉協議会、一部の自治体が実施しています。自宅を担保にお金を借り、死亡後に担保を売却して元本を返済するのがリバースモーゲージとなります。

 

住み慣れた家を売ることなく、定年後の大口融資を受けることも可能としています。しかし融資限度額は不動産評価額の50~80%としており、提供機関により異なります。また不動産の担保評価が下がれば、借り入れできる金額が低下してしまうことも考えられます。対象年齢として55歳からや60歳以上としているところもあり、幅広い人が利用できる金融商品として注目しておきたいところでもあります。