新卒会社員・サラリーマンの借り入れポイント

新入社員となると揃えるものも多く、また実家やこれまで住んでいたところから離れていれば会社の近くに引っ越ししたりとお金も必要となります。そこできずいたときには給料までの生活費が心細いという方も少なくないようです。また歓迎会や交際費なども度重なりピンチという方もいることでしょう。そのため一時的にキャシングする新社会人は珍しくはないようです。

 

そこで新卒会社員で借り入れするポイントとして、気になる方も多いのではないでしょうか。ここでは新入社員のカードローンの融資の注意点などもまとめてみましたので、これからの参考としてご覧くださいね!

 

新入社員の借入先ならココ!

 

  • 銀行系よりも大手消費者金融
  •  

    新卒ではまだ働き初めということで勤続年数がないので信用性においては低く、銀行のカードローン審査を通過するには難しいことが考えられます。そこで審査が緩い消費者金融では通りやすく、即日融資も期待できるとしています。また、たいていは少額融資の希望としていますので小口の場合でしたら利息もほとんど変わりませんので、借入れをするなら消費者金融はおすすめでもあります。

     

  • 30日間無利息サービス
  •  

    プロミス、アコム、レイク、アイフルでは30日間利息0円を実施しており、どこも初めての方対象とし利用したいところでもあります。少額の借入れで翌月の給料で全額返済できるなら利息なしでの融資となりますので大変お得となっています。しかし契約した翌日からと借入れした日からとそれぞれ違い、その他条件も異なっていますので公式HPで確認しておきたいものです。

 

新卒会社員の借入の注意点

 

  1. 自分の収入に見合った借入をする
  2.  

    新卒社員のほとんどは小口融資(30万程度)としている方が多くなっていますが、なかには1社に限らずいくつかに借入をしている人もいるようです。総量規制対象としていますので、もちろん年収の3分の1としていますが返済しては借入を繰り返す生活を送っているといつの日か借金返済が滞ってしまうことも考えられます。

     

    限度額まで引き落としができますので、自分のお金のような感覚で使ってしまうことで返済が困難となり債務整理を行う人も存在しています。自分の給料以上の借入をすることは禁物で返済計画を立てたうえでの融資を心がけたいものです。

     

  3. 返済の延滞はしない
  4.  

    少しぐらいなら遅れても構わないだろうと安易な考えでいると、これからの借入れに大きく影響することもあります。延滞料の支払いだけではなく何度も延滞を繰り返していると、信用情報に記載され今後しばらくの間は審査が厳しくなることが予想され現在の借入先からのストップということも考えられるようです。

     

    大手消費者金融ではコンビニATMや専用機など、どこでも返済できますので期限通りの返済は絶対に守りましょう。万が一忘れたしまった場合には電話をすることで延滞金は支払いますが、寛容な対応としてくれるところもありますので連絡を入れることをおすすめします。また仕事で忙しく返済を忘れがちという方は金融会社によっては期日が近くなるとメールサービスを実施しているところもありますので利用しておくと安心でもあります。