リボルビング返済方式とは?意味

消費者金融やクレジットなど利用する際によく耳にする、リボルビング返済とは一体どんなもの?気になる方も多いのではないでしょうか。お金を借りた際には返すのは当然のことではありますが、貸金業者によっては返済方式が異なります。そこで消費者金融でも最も多く支払い方法としているのがリボルビング返済方式となっています。

 

ここではどのような返済方法となっているのかまとめてみましたので、これから借入れを検討している方はリボ払い地獄に陥らないためにも参考としてご覧くださいね!

 

お財布に優しいリボルビング払いとは?

 

毎月の利用金額に関わらず一定の金額を毎月支払う方法で、消費者金融やクレジットカードの返済方式の一つとなっています。月々の支払いが同じとしていますので、家計管理がしやすく無理なく返済することができます。

 

一般的に消費者金融においての返済方式としており、以前では多重債務の原因ともされていたことから金額や返済期限などで自主規制が設けられています。リボルビング返済には定額方式、定率方式、残高スライド式の3つありますが、ほとんどが定額方式が行われているようです。

 

リボルビング返済で注意すること!

 

  • 借金をしているという自覚が薄れる
  •  

  • 借入れを繰り返すことで返済期間が長くなり利息の負担も多くなる
  •  

  • 返済総額が分からなくなる

 

クレジットでも消費者金融でもリボ払いとしている理由は正に収益性が高いことがあげられます。そのため反対に借りている側では長い期間、利息を払い続けていることとなりますので、かなりの利息を払うこととなります。毎月の支払額が一定としていることは魅力的としていますが、1、2回の借入れならまだしも毎月利用することでいつ完済するのか先の見えない借金となることが考えられます。

 

リボ払い地獄にハマらないためにも余裕があるときや臨時収入があるときなどは、残りの利用代金を支払いまた増額払いや全額払いなども可能としていますので検討してみることも大事となります。