ブラックリストの意味って何?教えて!

新規でカードローンを申し込んだもの審査に通ることができなかったという経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。単に年収が安定していないなど原因がわかっているならともかく、定職につき収入もあるのに分けも分からず審査に落ちてしまったという人も多いようです。

 

そのなかには知らずのうちにブラックリストに記載されていることが原因としている可能性もあるようです。そこでブラックリストの意味って何?よく耳にはするけどどんなもの?関心を高めている方も多いことでしょう。ここではどのようなものかまとめ紹介していますので、今後借入を検討している方は注意点として参考としてみてはいかがでしょうか。

 

ブラックリストって何?

 

銀行やクレジットカード会社、消費者金融等、貸金業を営む会社はそれぞれの信用情報機関に加盟します。そこでは契約者の個人情報、借入情報などが登録され、貸金業者は複数ある機関の信用情報を知ることができるようになっています。

 

同業間で顧客の情報を共有できる機関を「信用機関情報」といい、延滞やネガティブな問題が起きれば事故情報として記載されることをブラックリストとも言われています。またその様なリスト自体は存在はしませんが事故情報、ブラック情報を俗にブラックリストと呼ばれています。

 

事故情報に記載される理由

 

  1. 債務整理でもある任意整理、個人再生、自己破産の手続きをした
  2.  

  3. 返済日の期日に遅れての支払いや数回、滞ってしまう(3回)
  4.  

  5. 返済ができなくなり連帯保証人からの代位弁済に切り替わったとき

 

ブラックリストに載るとどうなる?

 

申込みをした際には貸金業者は様々な信用情報機関に与信することができます。そこで事故情報として記載されているかどうかの確認をすることができます。ブラックリストとしての記載が消去されるまでは、ほぼ審査に通ることはなく他の金融業者からの新規借入も困難となります。

 

また信用情報機関にもよりますが、債務整理では任意整理は5年程、個人再生は5~10年、自己破産は5~10年などかなり長い期間ブッラクリストとして記載されてしまいます。また延滞など繰り替えすことでも記載され今後の融資がストップということもあり限度枠が少なくなってしまうことも考えられます。

 

お金を貸す側としては返済能力がない人はもちろんのこと信用を無くす行為をしてしまうことで、貸す側、借りる側の信頼関係がなくなりますのでお金を貸したくないとなるのも当然のことでもあります。